Vision & Philosophy

当社では、マイクロソフト社のパートナー企業として、Dynamics 365やOfficd365を中心にユーザー企業様のクラウドベースの業務アプリケーションの開発でのお手伝いをさせて頂いております。 

本ウェブサイト内でも一部紹介させていただいておりますが、次々と中堅・中小企業様におかれまして、クラウド時代の新しい業務アプリケーションプラットフォームをご利用になり、成果を出しておられるご企業が出てきております。 

従来のシステム構築の手法や道具立てでは、高くて手が届かないとか、投資効率が悪いなどで中堅・中小企業にてIT投資を控えられていたのが、最新のクラウドシステムでコストパフォーマンスの良さをはじめとして、様々な利点を感じ、ついにIT投資ができ、業務の効率化に成功という事例が続々と出てきております。 

このような成功事例が増えておりますが、さらなる可能性があると当社では考えております。 

その背景などについて、雑駁ではございますが、以下に記させて頂きます。 

プラットフォームの進化=プラットフォーム型パッケージ製品 

アプリケーション開発の歴史は、その昔はアセンブラで書いているというような時代があり、それから当時「高級言語」とよばれたCOBOL, FORTRANなどがあり、OSの提供する機能もグラフィクスがサポートされたり、ファイルシステムが進化したり。 

そしてOSの上に、ミドルウェアと称されるものが現れて、DBシステムもその一つとして位置づけられます。このように、ハードウェアの進化もありますが、それと相まって、どんどんプログラミングが抽象的表現で行えるようになっていく、OSの延長のような感じで上方に機能が進化し、そして、ERPやCRMと呼ばれるようなプラットフォーム提供型のパッケージが提供されるようになって来ました。 

キーワード : ノン・プログラミング

マイクロソフト社の業務アプリケーションソフトウェアの開発プラットフォーム・ツールの開発の方向性は、ノン・プログラミングでの開発ツールの高度化と充実であると考えます。

Dynamics 365だけでなく、Office365でのFlow, PowerApps などは強力なノン・プログラミングの開発ツールです。

業務アプリケーションの開発において、ほとんどの機能はノン・プログラミングの設定により、実現でき、ノン・プログラミングで実現ができないところのみ、プログラミングを行い、機能を実現します。

これがこれからの業務アプリケーションの開発手法のメジャーとなります。これにより、短期間に、安価に、そして高品質な業務アプリケーションが開発できます。

さらに、マイクロソフト社の製品に無い機能で、顧客からの要望の多い機能は、当社がプログラミングを行って機能を部品として開発し、一回開発して多くのお客様が利用できるようにします。

さらには、特定業界専用の業務アプリケーションをパッケージ化し、さらにパッケージのカスタマイズも可能とします。

ノン・プログラミングでのカスタマイズ可能なプラットフォーム型業務アプリケーションパッケージ上で、特定業界・業務向けアプリケーションパッケージ/テンプレートを利用し、ノン・プログラミングにてカスタマイズし、足りない機能は「部品」を使って実現します。

これでも足りない部分があれば、当該顧客向けのプログラミングを行いますが、プログラミングのボリュームは相当少なくて済むと思われます。

このように当社では、プログラミングをしないわけではありません。

特定のお客様だけが使うコード、すなわち、一品料理のようなコードを書くことを極力少なくしながらも、お客様の毎のカスタマイズのニーズに応えられるようにするという、全体最適解と一緒に部分最適解が出せる仕組みを構築し、その成果を顧客に享受頂き、弊社や弊社の関係者(ステークホルダー)にメリットを提供できるようにしようと努力を重ねております。

業種毎アプリケーションパッケージ 

一方、業務・業種ごとい特定の業務・業種に絞り込んだ業務アプリケーションパッケージというものも多く開発され、販売されています。が、会計パッケージのような、業務内容が会社によって変る事があまりないような業務はパッケージが発達し、パッケージ開発・販売で成功した企業がありますが、より現場に近い業務システムでのパッケージは、成功した例というのは限定されていると思われます。 

なんといっても業務アプリケーションパッケージは、カスタマイズが困難であることが多いです。できたとしても高くつく。 

クラウドベースのプラットフォーム型パッケージの上に業種別アプリケーションパッケージが理想 

そして、クラウド時代となり、マイクロソフト社のクラウドでの業務アプリケーションの(Ⓘ発)プラットフォームを利用することにより、業種毎アプリケーションパッケージの欠点を補うある意味理想の業種別業務アプリケーションパッケージを開発することが可能となりました。 

SNS、モバイルというトレンドに対応し、連携でき、比較的簡単にカスタマイズできる、すなわち、比較的安価にカスタマイズ可能。セキュアなクラウド環境で利用できるという、これからの時代のプラットフォームがマイクロソフト社の提供するOffice 365, Dynamics 365, Azureというクラウド製品群なのです。 

マイクロソフト社はプラットフォーム製品を開発し、そのうえにアプリケーションや各種サービスを当社は開発し、お客様に提供していきます。 

なぜ、マイクロソフトか 

PC市場にて、Office製品はゆるぎない独占的ともいえる市場占有率を持ちます。そのポジションを持つ中で、クラウド対応としてOffice365が提供され、Office365もまだ進化をしています。 

そして、さらにその先に業務アプリケーション全体のプラットフォームとしてのDynamics365を利用すると、officeがさらに活かされます。 

その可能性に当社は賭けているわけです。 

マイクロソフト社の競合他社もいろいろなクラウド製品がありますが、Office連携や製品間の連携を実現しているマイクロソフト社の製品は、 

この時代のアプリケーション開発を行うのに最も優れていると思われます。 

「大規模システムなので、プログラマが大勢必要」という話が出ることがありますが、これからはプログラマは人数はそんなに必要なくなり、優秀なプログラマのみ必要となってくると考えます。足りないのは、SEやコンサルタントです。また、場合によると従来のプログラマと呼ばれていた人たちの仕事の内容が変り、Java, C#, PHPなどでのコーディング作業ではなく、より設定に近い作業が増えてくるのではないかと思われます。いわゆるノンプログラミングでの設定に近い作業です。 

マイクロソフト社の製品にしても、ノンプログラミングでのアプリケーション開発ツールが次から次へとリリースされてきていますし、さらには、マイクロソフト以外では、最近注目されているRPAはまさしくロボットの設定作業となります。 

当社が想い、信じていること 

私たちはクラウドがメジャーとなると信じています。 

私たちはITのコモディティ化がより進むと信じています。 

私たちは顧客企業の現場や経営者に寄り添い、現場や経営課題の解決に役立ちたいと考えています。 

私たちは、私たちのミッションを完遂するために、マイクロソフト社のパートナーとして、マイクロソフト社の製品を中心に顧客に提案していくことが近道であると信じています。 

私たちは、マイクロソフト社に隷属するつもりはありません。また、マイクロソフト社の製品戦略と矛盾を生じない限り、他社の製品も扱います。 

私たちは、これらの信念や想いは、技術の発展の見通しだけでなく、顧客メリットとは何かを考えた結果から出てきた物であり、最終的には顧客の利益の向上に役立つと信じています。