Excelの限界を超える

Excelを使いこなし、業務の多くをExcelでこなしているExcelのヘビーユーザーであるご企業も多いかと思います。

でも、Excelにも限界があり、Excelを超えたいと思われている方も多いのではないなでしょうか。

ある業者はExcelは使わないようなシステムとすべしという考え方での提案をしていることもあるようです。

当社は、Excelを排除するのではなく、逆に、使い慣れたExcelは使えるところは使い続け、Excelに無い機能や苦手な機能について他システムを導入すべきと考えます。

Dynamics 365では、Excelに似た一覧表(ビュー)の操作方法や、ダイナミックなデータ連携によるExcelテンプレートなど、マイクロソフト社ならではのExcelとの連携機能を持っています。

当社では、顧客情報、営業案件情報をExcelで管理していたのを、Dynamics 365にデータを移行するお手伝いを、日本マイクロソフト社のキャンペーンにおいて、請け負わせていただいたり、当社のお客様でも多くお手伝いをさせて頂いております。

Excelのデータをマルチユーザーのデータベースに入れて、云々というのは、考え出すと様々な可能性が頭に浮かんでくるのですが、逆にいろいろ出てきてどこからどのように導入すれば、効果的なのか、効率的なのかを考え、整理していくのは、意外と難しいものです。

いろいろ考えた結果、いろいろ悩んでしまってわからなくなってしまった。という方には、まずは単純に顧客情報と案件情報をExcelからDynamics 365に投入してしまい、そこから使い勝手や機能を実際に使っていく中でニーズが出てきて、少しづつステップアップされることをお勧めしています。

Excelの限界を超えることでお悩みでしたら、当社にお問合せ下さい。