SLERTはまた進化しました!

SLERT進化

SLERT 機能アップ!

SLERTがまた機能強化されました。

Excelのアウトライン機能のサポートやSLERTでダウンロードされたExcelファイルのシートのデータを Excelで修正して、アップロードボタンをクリックすると、その修正されたExcelシートのデータを Dynamics 365のデータに反映する「Excelデータ更新機能」の開発ができました。

また、最近では、見積書、請求書などのニーズは相変わらずありますが、意外と多いのが 売上などの予実の集計表での利用です。
そもそも、Excelで集計表を作っていたのが、1クリックで同じExcelフォーマットでExcelファイルにて 集計表ができてしまうというのは、集計表を作成していた方にとっても、会社にとってもメリットが 大きく感じられるようです。

それも、今までSSRSなどのプログラマしか使えないツールで、工数をかけて 作成していたレポートが、集計表を作成していた担当の方が、レイアウトの変更や表示データの変更も 出来るようになるので、帳票作成の費用が激減するとの好評を得ています。